退職引き止めへの対処

介護の仕事を始めたなら、いずれは介護施設を辞める機会が訪れる。しかしその際にトラブルとしてよくあるのが、引き止めである。人材不足が問題となっている介護業界では、スタッフに辞められると困る施設が多い。そのため、できるだけ介護スタッフには留まってもらいたいと、運営者は考えている。

残留を強く懇願されてしまうと、辞める決意が揺らいでしまう問題がある。仕事を辞める必要があるにもかかわらず、どうしても辞めさせてもらえないという問題は、介護業界で顕著になりつつある。そこで退職する際の引き止めに対して、上手に断るテクニックが必要となる。テクニックとして重要なポイントであるのは、辞める理由を相手に対し明確に示すことである。職場を離れる明らかな理由が存在すれば、無理に引き止めるのは難しい。働くスタッフとしても事情があり、引き止めは本人にとっての不利益となりかねない。

しかし、あまりにもストレートに辞める意志を伝えるのは、トラブルの元である。言葉を選び、相手に理解してもらう姿勢が必要となる。さらに、突然職場をやめることを切り出すのは問題があり、事前の準備をしておくことも大事だ。ある程度期間には余裕を持って、それとなく退職することを伝えるのがふさわしい。そうすれば、運営者も介護スタッフが職場を辞めていくのを無理には引き止めない。辞め際次第で、人の評価が左右される。円満に職場を離れるためにも、多少の手間隙をかけて準備するのが大切である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です