介護施設で行われている介助

介護の仕事に興味を持っている方は、「高齢者の方の介助をしてやりがいを感じながら仕事をしていきたい」と考えているだろう。介護の仕事というのは、社会貢献の意味合いも強い仕事となるため、仕事への自信、誇りなども持つことが出来るはずだ。

そんな介護施設で必要となる様々な介助の内容とはどんなものだろう。介護施設では、様々な利用者の方が利用しているが、多くの施設では生活サポートがメインとなる。どういった介助があるかというと、まずは入浴介助。利用者の方の中には、自分でお風呂に入ることが出来ない方も多いため、入浴時のサポートを行っていくことになる。入浴介助の際には、水温や段差などに気を付けながら、介助をしていくことが必要だ。そして、排泄介助も大切な介助のひとつ。利用者によって、タイミングが異なるため、利用者の状況を判断しながら介助しなければならない。食事の際には、食事介助も必要になる。自分で食事が出来ない利用者の方の場合には、食事の際も常にサポートしなければならない。中には、噛む力や飲み込む力などが弱ってきている方もいるため、それぞれのペースに合わせて、食欲が増すような介助をすることが大切だ。喜んで食べてくれるようになると、介助をしていてもやりがいを感じることが出来るはずである。

介護施設では、このように様々な介助ケアが求められる。もちろん、全ての方が全ての介助が必要というわけではないため、一人一人の状況などを把握しながら判断していかなければならいない。介助でみんなが気持ちよく生活が出来るようになれば、利用者の笑顔も増えるため、やりがいも感じやすいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です